前へ
次へ

外構工事で開放的なイメージを作り出す

中古で購入した住宅はクローズド外構を採用しており、少し窮屈に感じたので開放的なイメージを作り出すために、外構工事についてスタッフと話し合う事にしました。オープン外構のデザインを考えるのは難しいもので、解放感だけを重視しているとプライバシーを保護できなくなり、周囲からの視線が気になってしまいます。そこでスタッフと話し合いながら、周辺にある建物からの視線を遮る事ができる位置だけに、大きな塀を取り付ける事にしました。近くにあるアパートからも自宅の中が見えないように、一部にだけ大きな塀を取り付けてもらう事で、採光性も十分に高い状態を維持できています。オープン外構ですが門は大きなものを取り付けてほしいという、こちらの希望に合わせて外構工事のプランを考えてくれるなど、スタッフの対応力の高さにも満足できました。門のカラーデザインを選ぶのも大変でしたが、スタッフのアドバイスを受けているうちにプランが完成して、工事の仕上がりにも満足しています。

Page Top